[PR] 不動産担保ローン キャサリン・レア | ヒミツの占い師

ヒミツの占い師

霊視、透視、占い、未来、予見、超能力、予言、予知、
スピリチュアル、水晶、タロット、六星占術、手相

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>





スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| スポンサードリンク | - | - |

キャサリン・レア

ザ!世界仰天ニュースで放送された95%の確率で当てる霊能力者の紹介です。
私は英語がわからないので連絡先などの詳細はお伝えできませんが、この記事を見た誰かのヒントになればと思いHPの記事をそのままコピーさせていただく事にしました。

キャサリン・レアは、全米にその名を知られる超能力者で、約30年に渡り、世界中の難事件を霊視によって解決してきた女性である。そんな彼女が自分の不思議な力に気付いたのは8歳の頃、キャサリンは待ち合わせに遅れてきた友達の理由をズバリと当てた。そして、キャサリンの能力に興味を持った父親が、まずキャサリンに試したのは行方不明者を探すラジオ番組。彼女はその情報を聞いただけで、行方不明者の居場所を突き止めてしまった。そこで父親は、キャサリンに見えるものを出来るだけ具体的に表現するようにと教えた。その後キャサリンの霊視の噂を聞きつけ、行方不明者を探して欲しいという依頼が次々と飛び込んだ。しかもキャサリンの霊視能力は、トレーニングをすればするほど、大人になればなるほど高まっていった。


1962年、キャサリン30歳の時、初めて警察からの依頼を受けた。刑事と依頼女性の話によれば、バージニア・ビーチにある家で父・母と一緒に暮らしていたが、4年前に彼女が昼寝をしている間に突然母親が失踪。母親に家出をする理由もなく、事件に巻き込まれたとして警察が懸命に捜索したが、この4年間全く手がかりがないとの事。キャサリンは目を閉じ霊視を始めた。すると「首を絞められ家の庭のゴミ箱に入れられた母親。そしてコンクリートを流し込まれる。犯人は、依頼女性の父親」だと言う。警察が家を捜索すると、母親の遺体はゴミ箱の中でコンクリート詰めにされていた。父親は妻と喧嘩の末、殺害したと自供。キャサリンはこうして、未解決事件を次々と解明していった。
※ザ!世界仰天ニュース参照

続きを読む >>


| noapipipi | キャサリン・レア | comments(0) |
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.